婚約指輪と結婚指輪のちがいって?

実は結婚するにあたって必要な指輪が3本あるのをご存知でしたか?婚約指輪と結婚指輪、一見同じもののように思いますが、全く意味合いが違うものなのです。一般的に、給料の3か月分とされる指輪を女性にプレゼントするのが定番になっていますが、こちらが婚約指輪で、結婚後に夫婦そろって指にはめるものが結婚指輪なのです。

基本的に婚約指輪のほうが、ダイヤモンドなどの宝石をあしらった豪華なデザインのものが多く、予算的には30万円程度からになっています。一方で結婚指輪のほうは毎日指にはめるものなので、プラチナなどの丈夫な素材とシンプルなデザインのものが主流で、10万円程度になっています。

エンゲージリングには男性から女性に対して結婚を決めたという証の意味がありますし、マリッジリングには今後夫婦そろって末永く生活をしていくための誓いという意味があります。それぞれに意味があるものなので、せっかく選ぶのであれば大切に考えて購入なさってください。

最近では、指輪に対する考え方も変わりつつありペアで婚約指輪を購入して、それをそのまま結婚指輪に使用するケースも出てきているようです。人それぞれ夫婦としてのカタチというのは違うと思いますので、従来の形にとらわれないのも大切のようですね。

RSS 2.0 | Trackback | Comment

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>